薬剤師よりも本屋?

今日は、本屋に寄ってきました。 欲しい本があったわけじゃないんですけど、面白い本が見つかればいいなーと思って、ふらふらと本屋に入っちゃったんですよね。 結局、雑誌を一冊買ってきただけなんですけど。 読んでいる漫画の続きも発売されていなかったし、読みたい小説もなかったんです。 漫画も小説も大好きで、本屋へ行くと衝動買いしちゃうことがよくあるんですよ。 と言うか、衝動買いするために、本屋へ行っている感じです。

なんか面白い本がないかなー、って本屋の中を探索するのが好きなんですよね。 見つかれば何冊でも買っちゃうし、なければ雑誌とかぺらぺらっと読めそうな本を買って帰っています。 でも、最近は、本が増えすぎてきちゃって、困ってます。 売るのはいやなので、全部、本棚にしまってるんですけど、本棚がいっぱいになってしまって。 ちょっと、整理しないとなーと思ってます。

私が本をたくさんもっているので、同僚の薬剤師から本を貸して欲しいと言われることも多いです。 同僚の薬剤師から本を借りることもあるんですが、圧倒的に本を貸すことの方が多いですね。 薬剤師仲間からは、本屋さんなんて呼ばれていたりもします。 こんな私は、もしかしたら薬剤師よりも本屋さんに向いていたかも?なーんてときどき思っちゃいます。

都内屈指の歓楽街「六本木」で薬剤師の求人は見つかるの?

Copyright (C) 2007-2014 薬剤師の友だちからもらったプレゼント All Rights Reserved.